県民の声・意見の内容(県民室・県民局)

平成14年度
項目風紋のあかりについて
意見の概要鳥取県が刊行した「風紋のあかり」について、誤記を含んでいるのでそのままホームページに掲載しないでほしい。
担当所属福祉保健部健康対策課
回答内容まず、「風紋のあかり」第5章28頁の誤記述につきましては、御指摘を踏まえまして、ホームページに、誤記述についての説明を記載しました。また、第3章(5頁)の当該医師の著書「隔離」からの引用文の一部削除については、紙面を短くするためと年月や場所の特定から収容された者が特定されるのを避けるため、具体的記述の削除を行ったものです。8頁の記述との矛盾の隠蔽の指摘を受けても仕方がありませんが、8頁の記述は当時の県の担当者の個人的体験の回顧録であり、その点の説明が不足であったと思います。第6章及び第2章の歴史的記述についての御指摘ですが、引用を行った「らい予防法廃止の歴史」「日本らい史」両誌ともに権威ある書と思いますが、その書の内容に隔離肯定論や偏見があるとするなら、引用について検討してみるべきかも知れません。最後に「X病の隔離」の時に考えておくべきことについての指摘ですが、個別には御指摘のようなことも考えられますし、表現が不適切である箇所もあろうかとは思いますが、執筆者としては隔離を肯定して、隔離差別の問題性や犯罪性を隠蔽しようという意図は全くないことは明確であります。隔離の事実に憤り、嘆き、悲しんだからこそ資料集「風紋のあかり」の執筆に携われたと思います。現在、本県では、来年にも改訂版を発行したい意向で検討中ですので、改訂作業にかかれるなら御指摘いただきました問題箇所の記述についても委員会メンバーと論議してみたいと思います。


前の画面に戻る