[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 大神山神社奥宮神門

大神山神社奥宮神門


 ( おおがみやまじんじゃおくみやしんもん:oogamiyamazinzya okumiya shinmon )

大神山神社奥宮神門の写真
大神山神社奥宮神門の写真

この門は、西楽院(大山寺本坊)の表門だったが、大山寺号廃絶による西楽院四散の際、大神山神社に引き渡され、現在地に移転した。
その際、門の向きをそのまま運んだため、表裏が逆になり、俗に違い門と称される。
西楽院を偲ぶ唯一の遺構である。右柱に根雨の近藤氏が安政4年(1857)に寄進した旨の銘がある。
檜皮葺、前後に唐破風をつけた四脚門。本柱の円柱、本柱の上の冠木など全体に雄大な造りである。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の建造物
所在地 西伯郡大山町大山
指定年月日

昭和28年8月8日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

大山口駅からバス大山線で25分、終点下車、徒歩25分

周辺地図 とっとりWebマップ「大神山神社奥宮神門」の周辺地図
公開状況

公開