[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 豊乗寺大師堂及び山門

豊乗寺大師堂及び山門


 ( ぶじょうじたいしどうおよびさんもん:buzyouzi taisidou oyobi sanmon )

豊乗寺大師堂及び山門の写真
豊乗寺大師堂及び山門の写真
豊乗寺大師堂及び山門の写真

茅葺の大師堂は天明2年(1782)に建築されたもので、正面入母屋、側面寄棟となり、中世風の本堂にならったものと思われる。造りは簡素であるが、組物等に18世紀建築の特色が伺え、正面には池田家の家紋が挿入されるなど、鳥取藩との関わりも深かったといえる。
八脚門となる山門は、延享元年(1744)に建築されたもので、組物などの絵様も大師堂より古い様式を伝えている。
いずれも、建築当初の姿を留めており貴重である。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の建造物
所在地 八頭郡智頭町新見
指定年月日

平成19年4月27日

所有者等

参考文献

参考リンク 智頭町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図 とっとりWebマップ「豊乗寺大師堂及び山門」の周辺地図
公開状況

公開