[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 佐々木家住宅主屋、新座敷、穀蔵、新蔵

佐々木家住宅主屋、新座敷、穀蔵、新蔵


 ( ささきけじゅうたくしゅおく、しんざしき、こくぐら、しんぐら:sasaki-kejyuutau syuoku,sinnzasiki,kokugura,shingura )

佐々木家住宅主屋の写真
主屋の内部(食違い四間取り)の写真
佐々木家住宅主屋の写真

佐々木家は江戸時代には庄屋を務めた時期もある旧家で、昭和初期には村長も輩出した。出雲街道に面して敷地を構える。
主屋は切妻造つし二階建(背の低い二階)、瓦葺き。内部は東には広い土間、西には食違いの四間取りとする。床の間などに江戸後期の特徴を残す古式な近世民家である。
新座敷は切妻造平屋建、桟瓦葺きとし、主屋から渡廊下を介して続く。風呂や便所も付属する2部屋からなり、部屋境の欄間は、米子の鳳翔閣を建てた大工、富次精斎(とみつぐせいさい)の作。
穀蔵、新蔵ともに切妻造二階建、桟瓦葺きの土蔵造の建築。穀蔵は一階を二室とするが、出入り口の意匠に変化をつける。新蔵は柱を密に建てた堅牢なつくり。敷地景観を良好に形作る。
文化財の種別 有形文化財
区分 登録
指定種別 国登録有形文化財
分類 国登録の建造物
所在地 日野郡日野町日野町舟場
指定年月日

平成29年10月27日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図
公開状況