[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 河本家住宅

河本家住宅


 ( かわもとけじゅうたく:kawamotokezyuutaku )

河本家住宅の写真
河本家住宅の写真


河本家は尼子氏の家臣を祖とすると伝わり、代々大庄屋などの要職を務めた。当家住宅は茅葺の主屋を中心に付属屋が多く残され、近世の大庄屋の屋敷構えを良く伝える。   
主屋は、大きな土間と四室を中心に構成された居室部に、ヒカエノマを介して接続する客間部から成る。客間部の座敷は面皮材を多用し、透彫の欄間を入れるなど洗練された数寄屋風意匠をもつ。また、主体部の寄棟の屋根や、棟石を載せる点は、当地方の特徴を良く示している。
この主屋からは貞享5年(1688)の棟札が確認されており、建築年代の明らかな民家としては山陰地方最古の例として、高い価値が認められる。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の建造物
所在地 東伯郡琴浦町箆津
指定年月日

昭和49年3月29日(県指定→解除) 
平成22年12月24日 (国指定)

所有者等

参考文献

参考リンク 河本家住宅公開等の情報(河本家住宅オフィシャルサイト)
問合せ先

備考

主屋、離れ、味噌蔵及び米蔵、新蔵、土蔵、計5棟 土地6325.47u、附 門および納屋、米蔵、大工小屋、家相図 


アクセス方法

赤崎駅からタクシーで5分

周辺地図 とっとりWebマップ「河本家住宅」の周辺地図
公開状況

公開。見学希望は、事前に町教委に申込み要