[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の かまこしき渓谷の侵食地形

かまこしき渓谷の侵食地形


 ( かまこしきけいこくのしんしょくちけい:kamakosikikeikokunosinsyokutikei )

かまこしき渓谷の侵食地形の写真
かまこしき渓谷の侵食地形の写真

かまこしき渓谷は、俣野川の中流域約600mにわたる特異な浸食地形によってできている。渓谷には、階段状の小瀑布や瀬・淵が見られ、その最下流部には、釜と甑と
よばれる地形がある。釜は二段になった滝の下に広がる滝壺状の淵であり、甑はその釜の上にある特異な穴のことである。甑の径は約3mで、深さは7m程にも及ぶと推定
され、全国的にも珍しい。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 県指定天然記念物
分類 県指定の地質鉱物
所在地 日野郡江府町助沢、俣野
指定年月日

平成11年6月29日

所有者等

参考文献

参考リンク 江府町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図 とっとりWebマップ「かまこしき渓谷の侵食地形」の周辺地図
公開状況

公開