[ナビゲーションはここまで]

石製鴟尾


 ( せきせいしび:sekiseishibi )

石製鴟尾の写真
石製鴟尾の写真

鴟尾は、古代の瓦葺宮殿・仏殿の屋根の両端に取り付けた飾りであり、この石製鴟尾は、白鳳時代
創建と推定される大寺廃寺のものと考えられている。高さ約1m、幅45cmで、鰭が10段に刻まれている。
鴟尾は瓦質製のものが一般的で、石製のものは、このほかに群馬県山王廃寺のものが知られるのみである。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の考古資料
所在地 西伯郡伯耆町大殿
指定年月日

昭和34年12月18日

所有者等

参考文献

参考リンク 石製鴟尾(伯耆町ホームページ・観光ガイド)
問合せ先

備考


アクセス方法

岸本駅から徒歩15分

周辺地図 とっとりWebマップ「石製鴟尾」の周辺地図
公開状況

公開。