[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 松に猿嵌木丸額

松に猿嵌木丸額


 ( まつにさるはめぎまるがく:matsu ni saru hamegi marugaku )

松に猿嵌木丸額の写真
松に猿嵌木丸額の写真

松に猿嵌木丸額は、鳥取県出身の木工芸家である西村荘一郎氏によって制作された木象嵌作品。
象嵌の細密な描写、濃淡の表現など、迫力のある絵画的な文様を大規模に展開した大作である。
西村の代表作というばかりでなく、明治工芸の代表作品としても位置づけられ、鳥取県の工芸史上、貴重な作品と評価される。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の工芸品
所在地 鳥取市覚寺 渡辺美術館
指定年月日

平成22年9月17日

所有者等

参考文献

戸野博「西村荘一郎の埋木細工にかけた生涯と不滅の功績」(『世界が認めた鳥取県の名匠木象嵌師西村荘一郎』渡辺美術館 1996)
土井久美子「木象嵌の名工西村荘一郎について」(『西欧が驚いた日本の技 西村荘一郎木象嵌下絵集』財団法人渡辺美術館 2005)
東京国立博物館編『明治デザインの誕生―調査研究報告書『温知図録』―』 国書刊行会 1997

参考リンク 公益財団法人渡辺美術館
問合せ先

備考


アクセス方法

JR鳥取駅北口バスターミナルより、砂丘・岩井方面行バス約15分「渡辺美術館前」下車すぐ。駐車場あり。

周辺地図 とっとりWebマップ「松に猿嵌木丸額」の周辺地図
公開状況