[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 伊福吉部徳足比売墓跡

伊福吉部徳足比売墓跡


 ( いふきべとこたりひめはかあと:ifukibetokotarihimehakaato )

伊福吉部徳足比売墓跡の写真
伊福吉部徳足比売墓跡の写真

岩常山から国府平野に延びる標高約100mの尾根上に立地する。墓は、2枚の凝灰岩製切石(円孔のある方が蓋石)と、その中に納められていた青銅製の骨蔵器からなる。
安永3年(1774)に発見され、骨蔵器は東京国立博物館に収蔵、重要文化財となっている。骨蔵器の蓋に徳足比売が文武天皇に仕え、和銅3年(710)に火葬された旨の墓誌銘が陰刻されており、8世紀代の墓制を考える上で重要である。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 史跡
分類 国指定の墳墓
所在地 鳥取市国府町宮下
指定年月日

大正13年12月9日

所有者等

参考文献

参考リンク 鳥取市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

鳥取駅からバス中河原線で役場前下車、徒歩30分

周辺地図 とっとりWebマップ「伊福吉部徳足比売墓跡」の周辺地図
公開状況

公開