[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 大神山神社奥宮

大神山神社奥宮


 ( おおがみやまじんじゃおくみや:oogamiyamazinzya okumiya )

大神山神社奥宮本殿・幣殿・拝殿末社下山神社本殿・幣殿・拝殿の写真
大神山神社奥宮本殿・幣殿・拝殿末社下山神社本殿・幣殿・拝殿の写真
大神山神社奥宮本殿・幣殿・拝殿末社下山神社本殿・幣殿・拝殿の写真

平安時代後期の創建と伝えられるが、その後火災焼失、移転を繰り返し、文化2年(1805)に現在地で復興した。
現在の建物は江戸時代後期を代表する神社建築。壮大な権現造で、拝殿と本殿を幣殿で結び、拝殿の左右には長い長廊がとりつく。内部は美しく彩色され、幣殿の格天井には華麗な華鳥人物が描かれている。北側少し下った所に、末社下山神社があり、これも奥宮同様、権現造となっている。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の建造物
所在地 西伯郡大山町大山
指定年月日

昭和63年12月19日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

大山口駅からバス大山線で25分、終点下車、徒歩25分

周辺地図 とっとりWebマップ「大神山神社奥宮」の周辺地図
公開状況

公開