[ナビゲーションはここまで]

梵鐘


 ( ぼんしょう:bonsyou )

梵鐘の写真
梵鐘の写真

智積寺は、もと船上山上にあったが、相次ぐ戦乱などにより、約400年前に現在地に移ったと伝えられる。梵鐘は明治初期に船上山から降ろされた。総高90.1cm、笠形高5.4cm、竜頭高11.7cm、口径58.2cmを測り、4列4段あった乳はすべて欠損している。貞和3年(1347)の鐘銘があり、南北朝時代初期の製作とわかる。鐘銘にみえる西祖寺から智積寺に鐘が移動した経緯は不明である。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の工芸品・考古資料
所在地 東伯郡琴浦町竹内
指定年月日

昭和33年11月17日

所有者等

参考文献

参考リンク 琴浦町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

赤碕駅からバス船上山線で15分、竹内下車、徒歩3分

周辺地図 とっとりWebマップ「梵鐘」の周辺地図
公開状況

公開