[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 栖岸寺の双盤念仏

栖岸寺の双盤念仏


 ( せいがんじのそろばんねんぶつ:seigan-zi no soroban-nenbutu )

栖岸寺の双盤念仏の写真
栖岸寺の双盤念仏の写真

「常念仏回向」という行の結願を感謝する儀式の中で奉納されてきた伝統行事。現在は「常念仏」という行自体が行われていないので、約一千日をおいた3年毎の4月に双盤念仏のみを行っている。檀家の
青年のうち、心身ともに健全な長男のみを構成員として講が組織され、行事は10名あまりの偶数の講員によって取り行われる。念仏は双盤鉦を打ち鳴らしながら唱えられ、約40分の「一流れ」を行う。
文化財の種別 民俗文化財
区分 指定
指定種別 県指定無形民俗文化財
分類 県指定の民俗芸能
所在地 鳥取市湖山町北
指定年月日

昭和38年3月5日

所有者等

栖岸寺双盤講

参考文献

林賢一郎「栖岸寺の双盤念仏」(『鳥取県立博物館研究報告』第21号)
『栖岸寺 歴史と現況 回向と双盤念仏』(栖岸寺、2011)

参考リンク 鳥取市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

JR鳥取大学前駅から徒歩約20分

周辺地図 とっとりWebマップ「栖岸寺の双盤念仏」の周辺地図
公開状況

3年ごとの4月第2日曜日に公開
【直近の実施】平成28年4月8日(金)〜10日(日)