[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 因州佐治みつまた紙 [保持団体:因州筆切れず紙保存会]

因州佐治みつまた紙 [保持団体:因州筆切れず紙保存会]


 ( いんしゅうさじみつまたし:insyuusazimitumatasi )

因州佐治みつまた紙の写真
因州佐治みつまた紙の写真

佐治谷での紙すきの記録は、江戸初期までさかのぼる。みつまた紙が本格的にすかれるのは明治に入ってからで、この地方が原料の栽培に適地であり、また積極的に技術改良が行われたことから、わが国有数のみつまた紙の産地となった。工程は、「水浸け」「煮釜」で皮を柔らかくし、「晒し」(漂白)の後、ほぐした繊維を溶かして流しすきをする。紙質が丈夫で、墨色が鮮明なことから、高級書道紙などに愛用されている。
文化財の種別 無形文化財
区分 指定
指定種別 県指定無形文化財
分類 県指定の工芸技術
所在地 鳥取市佐治町加瀬木
指定年月日

昭和51年8月3日

所有者等

因州筆切れず紙保存会

参考文献

「因州佐治みつまた紙」『鳥取県文化財調査報告書 第13集』鳥取県教育委員会1981

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

用瀬駅からバス佐治線

周辺地図 とっとりWebマップ「因州佐治みつまた紙 [保持団体:因州筆切れず紙保存会]」の周辺地図
公開状況

公開。見学希望は、事前に各工場に申込み要。かみんぐさじ(鳥取市佐治町福園146−4)で製品公開。