[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 原田家住宅主屋

原田家住宅主屋


 ( はらだけ じゅうたく しゅおく:harada-ke jutaku syuoku )

原田家住宅 外観の写真
原田家住宅 主座敷(客間)の写真
原田家住宅 外観の写真

原田家住宅は鹿野旧城下の中央に位置し、右に土間、東西2列に部屋を並べる。土間と部屋の境には「大角(だいかく)」「横角(よこかく)」と呼ぶ太い梁と桁を入れる。明治から大正期の鹿野では、それらの太さで家の興隆を示す傾向があったと考えられ、当家主屋は鹿野の歴史的景観を特長づける建物である。また、正面外観は二階を漆喰で塗りこめて下半をなまこ壁とし、一階は一面に格子を設けるが、格子の奥行きを変えることでリズミカルな印象を与えている。欅を多く用いて、随所に彫刻を施す。  明治33年頃建築
文化財の種別 有形文化財
区分 登録
指定種別 国登録有形文化財
分類 国登録の建造物
所在地 鳥取市鹿野町鹿野
指定年月日

平成28年11月29日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図
公開状況

非公開