[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪

伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪


 ( ほうきながせたかはまいせきしゅつどはにわ:houkinagasetakahamaisekisyutudohaniwa )

伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪の写真
伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪の写真

昭和55年(1980)、長瀬高浜遺跡の北西隅の土壙中から出土した古墳時代中期(5世紀頃)の埴輪群。
甲冑、家、盾、蓋、鞆などの形象埴輪、円筒埴輪、朝顔形埴輪約7,000点を数え、出土状況から、
集落内の祭祀に関わるものか、製作した埴輪が貯蔵されたものと推定されている。
山陰地方の埴輪群で最もまとまった一括資料で、つくりに地域的な特徴をよく示しており、古墳文化の究明に欠かせない資料である。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の考古資料
所在地 東伯郡湯梨浜町長瀬(長瀬高浜遺跡出土埴輪収蔵庫)
指定年月日

昭和61年6月6日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

湯梨浜町羽合歴史民俗資料館は、倉吉駅からバス橋津線で20分、役場前下車

周辺地図 とっとりWebマップ「伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪」の周辺地図
公開状況

湯梨浜町羽合歴史民俗資料館にて公開。
開館時間:午前9時〜午後4時30分
休館日:月曜、祝祭日(5月3〜5日、11月3日を除く)、12月30日〜1月6日
入館料:大人100円、小・中学生50円。但し、特別展は除く