[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 聖神社本殿、幣殿及び拝殿

聖神社本殿、幣殿及び拝殿


 ( ひじりじんじゃほんでん:hizirizinzya honden、heiden oyobi haiden )

聖神社本殿、幣殿及び拝殿附透塀及び棟札16枚の写真
聖神社本殿、幣殿及び拝殿附透塀及び棟札16枚の写真

聖神社の創建年代は明らかではないが、現在の本殿は、寛政年間(18世紀末)の改築と推定される。
腰組、軒下とも三手先組物を用い、木鼻、肘木、尾垂木等に浮彫りを施し、腰板、側板壁等の表面も彫物で埋めつくして華やかに飾り立てている。
こうした装飾は、県東部〜中部地方の江戸後期の神社本殿建築に多く見られるが、その中で本社殿は、
全体にまとまりのある意匠となっている。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の彫刻及び建造物
所在地 鳥取市行徳
指定年月日

昭和32年4月16日
平成17年11月29日

所有者等

参考文献

参考リンク 鳥取市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

鳥取駅からバス吉岡線で5分、新行徳下車、徒歩5分
バスくる梨赤コース 聖神社下車すぐ

周辺地図 とっとりWebマップ「聖神社本殿、幣殿及び拝殿」の周辺地図
公開状況

公開