[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 短刀銘 備州長船住兼光 附 金熨斗付合口拵

短刀銘 備州長船住兼光 附 金熨斗付合口拵


 ( たんとう:tantou )

短刀銘 備州長船住兼光 附 金熨斗付合口拵の写真
短刀銘 備州長船住兼光 附 金熨斗付合口拵の写真

津和野藩主亀井茲政の寄進。長さ24.8cm、幅2.3cm。備州長船住兼光の銘がある。鎌倉時代末期か南北朝時代の作と推定される。また、金熨斗造(柄、鞘とも金の延金の合口。鍔のない作り)の外装は美しく、柄の目貫きは法輪二つの彫刻物で、刀の品格にふさわしい。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の工芸品
所在地 米子市尾高
指定年月日

大正元年9月3日

所有者等

参考文献

参考リンク 米子市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図 とっとりWebマップ「短刀銘 備州長船住兼光 附 金熨斗付合口拵」の周辺地図
公開状況

東京国立博物館へ寄託