[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 栗谷遺跡縄文時代出土遺物一括

栗谷遺跡縄文時代出土遺物一括


 ( くりたにいせきじょうもんじだいしゅつどいぶついっかつ:kuritaniisekijyoumonzidaisyutudoibutuikkatu )

栗谷遺跡縄文時代出土遺物一括の写真
栗谷遺跡縄文時代出土遺物一括の写真

栗谷遺跡は、福部砂丘の後背地に立地し、近年の発掘調査で、縄文時代前期〜古墳時代の遺構と遺物が確認された。特に、縄文時代の後期を中心とする土器、石器、木製品などの多量かつ多様な遺物は、当時の生業や文化の内容を復元
する上で重要で、総体として山陰を代表する当該期の好資料である。このうち、資料の中心となる木製杓子、編物製品などは国の重要文化財に指定されている。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の考古資料
所在地 鳥取市福部町細川(福部町総合支所)
指定年月日

平成3年3月26日

所有者等

参考文献

参考リンク 鳥取市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

鳥取駅からバス砂丘線で20分、終点下車、徒歩3分

周辺地図 とっとりWebマップ「栗谷遺跡縄文時代出土遺物一括」の周辺地図
公開状況

鳥取市福部町総合支所にて公開の場合あり