[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 十一面観音坐像

十一面観音坐像


 ( じゅういちめんかんのんざぞう:zyuuitimenkannonzazou )

十一面観音坐像の写真
十一面観音坐像の写真

観音寺は、寺伝に室町時代、伯耆守護山名時氏らの庇護による繁栄が伝えられる。本像は、桧材寄木造りの漆箔像で、総高110cm。
頭上の化仏、台座、水瓶、左手すべて後補で、台座裏に「内け仏十二 花まき□共に かず五本 惣かず覚」の墨銘がある。
面相は端厳で、手法も洗練されており、室町時代初期の制作と推定される。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の彫刻
所在地 米子市観音寺
指定年月日

昭和28年8月8日

所有者等

参考文献

参考リンク 米子市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

米子駅からバス観音寺線で20分、終点下車、徒歩7分

周辺地図 とっとりWebマップ「十一面観音坐像」の周辺地図
公開状況

公開。見学希望は管理者に申込み要