[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 文化財課 の とっとり文化財ナビ の 木造随身立像

木造随身立像


 ( もくぞうずいしんりゅうぞう:mokuzouzuishinryuuzou )

木造随身立像の写真
木造随身立像の写真
木造随身立像の写真




随身像は、神社境内の神門に置かれ、神社を警護するものとして造られた像で、弓矢等の武器を持つ姿が多い。
本像は、桧材を用いた彫眼の立像で、胴部と両足部を内刳りを施さない一材で造り、それに左右両肩から先を矧ぎ付けている。首は差し込んである。
制作年代は鎌倉時代までさかのぼると見られ、県内に知られる近世以前作の随身像の中で最も写実的な姿を表す、優れた随身像といえる。

文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の彫刻
所在地 東伯郡琴浦町上伊勢
指定年月日

昭和61年4月18日

所有者等

参考文献

参考リンク 琴浦町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

浦安駅からタクシーで8分

周辺地図 とっとりWebマップ「木造随身立像」の周辺地図
Google Mapで開く
公開状況

公開