[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 岩井廃寺塔跡

岩井廃寺塔跡


 ( いわいはいじとうあと:iwaihaizitouato )

岩井廃寺塔跡の写真
岩井廃寺塔跡の写真

蒲生川右岸の山裾に立地する白鳳期創建の廃寺塔跡。岩井小学校の玄関前に凝灰岩製の心礎が残っており、地元では「鬼の腕」と呼ばれている。心礎は、長径3.64m、上面に一辺1.4mの正方形の柱座が造りだされ、その中央に直径77.5cmの柱孔がある。
さらに、柱孔の底には直径20cmの舎利孔が穿たれている。平安時代に当寺から遷座したとされる木造薬師如来立像(国重要文化財)が、岐阜県延算寺にある。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 史跡
分類 国指定の社寺跡
所在地 岩美郡岩美町岩井
指定年月日

昭和6年11月26日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

岩美駅からバス岩井線で10分、岩井下車、徒歩10分

周辺地図 とっとりWebマップ「岩井廃寺塔跡」の周辺地図
公開状況

公開