[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 楽焼黒茶碗[東陽坊]長次郎作

楽焼黒茶碗[東陽坊]長次郎作


 ( らくやきくろちゃわん[とうようぼう]ちょうじろうさく:rakuyakikurozyawan〔touyoubou〕tyouzirousaku )

楽焼黒茶碗[東陽坊]長次郎作の写真
楽焼黒茶碗[東陽坊]長次郎作の写真

楽焼茶碗の名工初代長次郎の作品から、千利休が名作と思われるもの7個を選んだとされる長次郎茶碗7種の一つで、茶道界では古来有名な茶碗である。利休の弟子で、黒谷の僧、東陽坊が愛用した。口径12.3cm、高さ8.5cm。見込は、大変素朴で懐が広く、茶溜りは古典的な形である。作行から天正13年(1585)以前の作といわれる。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の工芸品
所在地 東伯郡三朝町三朝
指定年月日

昭和37年6月21日

所有者等

参考文献

参考リンク 三朝町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考