[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 妻木晩田遺跡

妻木晩田遺跡


 ( むきばんだいせき:mukibandaiseki )

妻木晩田遺跡の写真
妻木晩田遺跡の写真

鳥取県西部、西伯郡大山町・米子市淀江町に所在する国史跡妻木晩田遺跡は、弥生時代後半(1〜3世紀)に営まれた大規模な集落跡である。ここには約300年間の人々の生活の痕跡が残されており、竪穴住居跡約400棟、高床倉庫などの掘立柱建物跡約500棟の他、当時、村を治めていたと考えられる首長層の墓などが発見されている。また、一度に16haにおよぶ広範囲が発掘されたことで、当時の集落の広がりや、村の構造、さらに自然科学的な分析によって、当時の植生等、周囲の景観をうかがうことも可能になった。妻木晩田遺跡が最盛期を迎える2世紀は、中国の歴史書
『魏志倭人伝』が記す倭人の時代である。雄大な日本海に面した丘の上に集落が広がる情景は、『倭人伝』の冒頭に描かれた「倭人は帯方東南の大海の中にあり、山島によりて国邑をなす」という一文を彷彿とさせる。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 史跡
分類 国指定の集落跡
所在地 米子市淀江町福岡、西伯郡大山町(妻木、長田、富岡)
指定年月日

平成11年12月22日
平成20年3月28日

所有者等

参考文献

参考リンク 妻木晩田史跡公園ホームページ
問合せ先

備考


アクセス方法

米子駅より車で25分、淀江駅より車で5分、大山口駅より車で10分

周辺地図 とっとりWebマップ「妻木晩田遺跡」の周辺地図
公開状況

公開。
入場時間:午前9時〜午後5時
(入場 午後4時30分まで)
駐車場有り(バス7台・普通車114台)
休館日:年末年始(12/29〜1/3)