[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 馬佐良の申し上げ

馬佐良の申し上げ


 ( ばさらのもうしあげ:basara no mousiage )

馬佐良の申し上げの写真
馬佐良の申し上げの写真

「申し上げ」は、県西部の各地で行われている行事で、馬佐良の場合は、例年12月に行われる。氏子各自が竹で12本の荒神幣を作り、全戸分を束ねる。次に男性が新稲藁で編んだ長さ約7mの藁蛇、荒神幣などを持って荒神さんまで行列する。頭屋は、新米で作った甘粥を荒神さんの玉垣内にある2つの埋め瓶に入れるが、その際に、中に残っている液体の量で新年の農作物の吉凶を占う。神饌献上、年占など、祭りの古態をよく残している。
文化財の種別 民俗文化財
区分 指定
指定種別 県指定無形民俗文化財
分類 県指定の風俗慣習
所在地 西伯郡南部町馬佐良
指定年月日

平成2年1月30日

所有者等

馬佐良の申し上げ祭り保存会

参考文献

久保穣二朗「歴史の中のまつり(8)西伯町馬佐良の申し上げ祭り」(鳥取県立博物館『郷土と博物館』37巻2号)

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

JR米子駅から日の丸バス法勝寺線で40分、法勝寺下車、南部町ふれあいバス循環線(反時計回り)に乗換え10分、馬佐良中下車

周辺地図 とっとりWebマップ「馬佐良の申し上げ」の周辺地図
公開状況

12月初旬の土曜日または日曜日に公開