[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 木島家住宅主屋

木島家住宅主屋


 ( きしまけじゅうたくしゅおく:kishimakezyuutakushuoku )

南側から見た主屋外観の写真
カリヤ外観の写真
和室4( 床・書院・床脇)の写真
2階和室の写真
土間上部の吹き抜けの写真
南側から見た主屋外観の写真

若桜の町並みは、かつて宿場町であった若桜宿が明治18年の大火によって街道沿いの大部分が失われた後、宿全体の復興計画として作成された「宿議決書」に沿って整備された。当家住宅はその復興計画の一環として、山林業を営んでいた木島七治郎によって明治20年頃に建てられた。 
 街道の東側に建てられた主屋は切妻平入りの2階建ての町家で、正面に庇を出して隣家と連続した通路とする”カリヤ”を持つ。
 内部は南側を土間とし、床上は二列六室とする。土間寄りの中の部屋は土間と一連の吹き抜けとし、1階の北側と2階の北側に座敷をしつらえる。
 平成24年に復原・改修工事を終えて現在は休憩・交流処「かりや」として活用されている。
 カリヤの残る若桜の町並みを形成する町家として、貴重である。  
文化財の種別 有形文化財
区分 登録
指定種別 国登録有形文化財
分類 国登録の建造物
所在地 八頭郡若桜町 
指定年月日

平成26年10月7日

所有者等

個人所有、運営は若桜町観光協会

参考文献

参考リンク
問合せ先

若桜町観光協会

備考


アクセス方法

若桜鉄道若桜駅から徒歩約10分

周辺地図
公開状況

内部公開(定休日有り)