[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 刀無銘古伯耆物附銀造糸巻太刀拵

刀無銘古伯耆物附銀造糸巻太刀拵


 ( かたなむめいこほうきものぎんぞうしまきたちこしらえ:katanamumeikohoukimonoginzoushimakitatikoshirae )

刀無銘古伯耆物附銀造糸巻太刀拵の写真
刀無銘古伯耆物附銀造糸巻太刀拵の写真

大神山神社に宝物として伝わる太刀一振。無銘であるが、その作風から平安時代末期の伯耆鍛冶の作(古伯耆物)と推定され、制作及び保存状態が優れている。刀長69.9cm、反り2.5cm、鍛は板目肌、刃文は小のたれ小乱れ。拵など
から、津和野亀井家が奉納した短刀(重要文化財)と対になるものと思われ、目貫の彫技が酷似している。制作年代は、桃山・江戸初期と
推定される。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の工芸品
所在地 米子市尾高(米子市美術館)
指定年月日

昭和62年12月25日

所有者等

参考文献

参考リンク 米子市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図 とっとりWebマップ「刀無銘古伯耆物附銀造糸巻太刀拵」の周辺地図
公開状況

米子市美術館に寄託。非公開