[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 桂見の「二十世紀」ナシ親木

桂見の「二十世紀」ナシ親木


 ( かつらみのにじっせいきなしおやぎ:katuraminonizisseikinashioyagi )

桂見の「二十世紀」ナシ親木の写真
桂見の「二十世紀」ナシ親木の写真
桂見の「二十世紀」ナシ親木の写真

「二十世紀」ナシは、明治21年(1888)に千葉県松戸市で偶然発見され、本県には、明治37年(1904)、北脇永治氏が、松戸市の原木から苗木10本をとり導入した。そのうち現存する3本を天然記念物に指定している。
松戸市の原木は、すでに枯死しており、この桂見の親木3本のみが、「二十世紀」ナシの導入期と導入経路を正確に伝えている。
樹齢90年を超えるこの親木は、一部に小さな空洞や枝折れもみられるが、樹勢はよい。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 県指定天然記念物
分類 県指定の植物
所在地 鳥取市桂見
指定年月日

昭和60年2月2日

所有者等

参考文献

参考リンク 鳥取市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

鳥取駅からバス吉岡線で15分、布勢下車、徒歩15分

周辺地図 とっとりWebマップ「桂見の「二十世紀」ナシ親木」の周辺地図
公開状況

公開