[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 田後神社頭屋祭「宮の飯」

田後神社頭屋祭「宮の飯」


 ( たじりじんじゃとうやさいみやのめし:taziri-zinzya touya-sai miya-no-mesi )

田後神社頭屋祭「宮の飯」の写真
田後神社頭屋祭「宮の飯」の写真

旧暦11月1日に田後神社で行われる神事。「宮の飯」とは、神に捧げる御供のことで、「神饌献上」が中心となる典型的な祭りである。この神事は、神官1人と世襲制の5人の頭人が執行することを特徴とする。頭人は臼で3杵半ついた玄米を釜で炊き、炒った大豆や大根の輪切りなどを用意する。これらをしゃもじでかき混ぜて御供をつくり、ネコヤナギの枝で作った12膳の箸と御神酒を添えて神前に供え、神様に1年の収穫を報告する。
文化財の種別 民俗文化財
区分 指定
指定種別 県指定無形民俗文化財
分類 県指定の風俗慣習
所在地 東伯郡湯梨浜町田後
指定年月日

昭和61年4月18日

所有者等

田後当渡し神事保存会

参考文献

鶴田憲弥「羽合町田後神社の当屋行事」(鳥取県立科学博物館『鳥取県立科学博物館研究報告』第8号、1971)

参考リンク 鳥取県立博物館「映像でみる 鳥取県の民俗行事(秋・冬の行事)」02田後の宮の飯
問合せ先

備考


アクセス方法

JR倉吉駅から日本交通バス橋津線で約10分、田後下車徒歩約20分

周辺地図 とっとりWebマップ「田後神社頭屋祭「宮の飯」」の周辺地図
公開状況

旧暦11月1日に開催