[ナビゲーションはここまで]

青木遺跡


 ( あおきいせき:aokiiseki )

青木遺跡の写真
青木遺跡の写真

日野川左岸の長者原台地に営まれた弥生時代中期〜奈良時代の集落跡を中心とする複合遺跡。
発掘調査で竪穴住居跡約130棟、掘立柱建物跡約240棟のほか、古墳、方形周溝墓、縄文時代の落し穴などの遺構が多数発見された。
特に集落跡は、隣接の福市遺跡とともに山陰地方を代表するもので、出土した土器は西伯耆の土器編年の指標となっている。
一部が公有化され史跡公園として整備されている。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 史跡
分類 国指定の住居跡・古墳
所在地 米子市青木、永江
指定年月日

昭和53年3月22日

所有者等

参考文献

『史跡 青木遺跡(5号地)U』米子市教育委員会2018』

参考リンク 米子市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

米子駅からバス永江団地線で25分、団地西口下車、徒歩1分

周辺地図 とっとりWebマップ「青木遺跡」の周辺地図
公開状況

公開。駐車場あり