[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 三明寺古墳

三明寺古墳


 ( さんみょうじこふん:sanmyouzikofun )

三明寺古墳の写真
三明寺古墳の写真

向山丘陵の南側中腹に立地する6世紀末ないし7世紀初め頃の古墳。直径18m、高さ6mの円墳で、
山陰地方最大級の横穴式石室をもつ。石室は切石造りの両袖式で、石室全長8.3m、玄室長3.7m、玄室高3.1mを測り、奥壁には巨大な一枚石を立てる。また、玄室の奥壁に接して、板石を組み合わせた石囲いがあり、熊本県等に類例の多い「石屋形」の蓋石の失われたものと考えられている。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 史跡
分類 国指定の古墳
所在地 倉吉市巌城
指定年月日

昭和6年11月26日

所有者等

参考文献

参考リンク 倉吉市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

倉吉駅からタクシーで10分

周辺地図 とっとりWebマップ「三明寺古墳」の周辺地図
公開状況

公開