[ナビゲーションはここまで]

福庭古墳


 ( ふくばこふん:fukubakofun )

福庭古墳の写真
福庭古墳の写真

波波伎神社境内に所在し、切石積みの横穴式石室をもつ直径35mの円墳。古墳時代終末期の築造と推定される。
石室は全長9.5m、玄室の奥行2.9m、高さ2.3m。奥壁、両側壁ともに大きな切石を置き、その上に持ち送り気味に細い一枚石をはめ、天井石を架構している。
玄門近くの玄室床面には、屍床仕切石(遺体を安置する場所を区画する板石)が設けられているほか、
玄室の手前に前室をもつ複室構造をとるなどの特徴がある。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 県指定史跡
分類 県指定の古墳
所在地 倉吉市福庭
指定年月日

昭和31年5月30日

所有者等

参考文献

参考リンク 倉吉市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

倉吉駅からバス橋津線で10分、福庭北高前下車、徒歩10分

周辺地図 とっとりWebマップ「福庭古墳」の周辺地図
公開状況

公開