[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 廃阿代寺正平在銘鐘

廃阿代寺正平在銘鐘


 ( はいあじろじしょうへいざいめいかね:haiazirozishouheizaimeikane )

廃阿代寺正平在銘鐘の写真
廃阿代寺正平在銘鐘の写真

明治初年、岩美町網代の畑で発見された。青銅製で、総高79.5cm、竜頭高17.2cm、笠形高3.3cm、鐘身高59.0cm、口径49.2cm。乳は4段4列で1個剥落している。銘文に、大願主僧行快が、国土泰平、庄内安穏と寺の繁栄を願い、正平15年(1360)11月に「因州巨野郡岩井庄阿代寺」に寄進したと記されている。「正平」は南朝の年号だが、
県内の在銘鐘で南朝の年号があるのは本鐘のみ。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の工芸品・考古資料
所在地 鳥取市東町(鳥取県立博物館)
指定年月日

昭和33年11月17日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

鳥取駅からバス市内回りで10分、西町下車、徒歩5分

周辺地図 とっとりWebマップ「廃阿代寺正平在銘鐘」の周辺地図
公開状況

県立博物館で公開の場合あり。
月曜、祝日の翌日、年末年始は休館
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:大人180円、小中高生・70才以上の方・障害のある方・要介護者等及びその介護者は無料