[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 三彩稜花刻花文盤

三彩稜花刻花文盤


 ( さんさいりょかこっかもんばん:sansairyokakokkamonban )

三彩稜花刻花文盤の写真
三彩稜花刻花文盤の写真

この盤は、もと房総の大守里見氏の宝物だったが、10代里見忠義が慶長19年(1614)に倉吉に左遷され、当地(関金)で死去したため
忠義の墓所でもある大岳院に寄贈されたと伝えられている。口径27.5cm、底径18cm、高さ2.6cm、
深さ4cmを測る。口縁は平面稜花形を呈し、皿内に彫りの鋭い刻花文が見られる。緑を主体に黄色、
褐紫色の釉薬で塗彩されている。明代の作と推定される。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の工芸品
所在地 倉吉市東町
指定年月日

昭和31年5月30日
名称変更/平成7年3月28日

所有者等

参考文献

参考リンク 倉吉市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

倉吉駅からバス市内線で10分、堺町下車、徒歩5分

周辺地図 とっとりWebマップ「三彩稜花刻花文盤」の周辺地図
公開状況

公開。見学希望は事前に所有者に申込み要