[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 土師百井廃寺跡

土師百井廃寺跡


 ( はじももいはいじあと:hazimomoihaiziato )

土師百井廃寺跡の写真
土師百井廃寺跡の写真

霊石山から南東に延びる丘陵上に立地する。以前から一辺16mの塔基壇が知られていたが、昭和53、54年の発掘調査で、金堂、講堂、回廊、中門等の中心伽藍が確認され、白鳳期創建の寺院跡であることが判明した。
東に塔、西に金堂を配する法起寺式の伽藍配置をとる。特に、塔跡は心礎のほか礎石16個が原位置を
保つなど、地方における白鳳期の寺院様式をみる上で重要とされる。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 史跡
分類 国指定の社寺跡
所在地 八頭郡八頭町土師百井
指定年月日

昭和6年11月26日
名称変更・追加指定/昭和55年6月3日

所有者等

参考文献

参考リンク 八頭町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

郡家駅からタクシーで5分

周辺地図 とっとりWebマップ「土師百井廃寺跡」の周辺地図
公開状況

公開