[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 三仏寺文殊堂

三仏寺文殊堂


 ( さんぶつじもんじゅどう:sanbutuzi monzyudou )

三仏寺文殊堂の写真
三仏寺文殊堂の写真

文殊菩薩を本尊とし、正面3間、側面4間で、桁行7m90cm、梁間6m21cm、舞台造の柱下から軒高14m50cm、棟高16m40cm余、屋根は入母屋造、柿板葺き。一方を岩角に寄せた舞台造の建築である。
寺伝によると地蔵堂とも嘉祥2年(849)慈覚大師の創建と伝えられるが、現在の建築は、内陣須弥壇の扉金具や勾欄宝珠柱の金具にある天正8年(1580)の陰刻から、天正前後のものと推定される。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の建造物
所在地 東伯郡三朝町三徳
指定年月日

明治37年2月18日

所有者等

参考文献

参考リンク 三朝町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

倉吉駅からバス三徳線で40分、三徳山参道入口下車、徒歩35分

周辺地図 とっとりWebマップ「三仏寺文殊堂」の周辺地図
公開状況

内部は非公開