[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 金田瓦窯跡

金田瓦窯跡


 ( かねだがよう:kanedagayou )

金田瓦窯跡の写真
金田瓦窯跡の写真

窯跡は、標高55mの丘陵南斜面に立地する。伯耆町大寺廃寺の創建時の軒丸瓦が出土したため、
白鳳時代(7世紀後半)の瓦窯跡と考えられる。花崗岩の斜面をくりぬいて造られているが、窯自体の保存状態は良好である。
全長5.5m、高さ5.6m、煙出し穴の高さ1.7m。内部は、焚口、燃焼室、焼成室、煙道からなる。
山陰では、古代の瓦窯の実態がほとんど解明されておらず、窯体そのものが現存する金田瓦窯跡は重要である。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 県指定史跡
分類 県指定の窯跡
所在地 西伯郡南部町金田
指定年月日

昭和51年8月3日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

米子駅からバス賀野線で35分、金田中下車、徒歩10分

周辺地図 とっとりWebマップ「金田瓦窯跡」の周辺地図
公開状況

公開