[ナビゲーションはここまで]

北山古墳


 ( きたやまこふん:kitayamakofun )

北山古墳の写真
北山古墳の写真

東郷湖の南岸に延びる北山丘陵の先端近くに立地。全長110m、後円部径70mで、山陰地方最大の前方後円墳。
発掘調査で、後円部に竪穴式石槨(推定)と箱式石棺が確認され、石棺からは、人骨のほか龍虎鏡、刀、
玉類等の副葬品が多数出土した。また、墳丘からは古墳時代中期前葉の各種埴輪片が多数採取されている。
前期に橋津古墳群に始まった東伯耆の大型古墳の系列は、北山古墳で途絶える。
文化財の種別 記念物
区分 指定
指定種別 史跡
分類 国指定の古墳
所在地 東伯郡湯梨浜町野花、長和田
指定年月日

昭和55年6月3日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

松崎駅からタクシーで5分、下車後徒歩5分

周辺地図 とっとりWebマップ「北山古墳」の周辺地図
公開状況

公開