[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 江波の三番叟

江波の三番叟


 ( えなみのさんばそう:enami no sanbasou )

江波の三番叟(江波三番叟保存会提供)の写真
江波の三番叟(江波三番叟保存会提供)の写真

毎年10月、江波神社例祭の当日、神社境内の回り舞台で演じられる。江戸時代中頃、大阪の商人が歌舞伎とともに教えたともいわれる。近年までは長男を中心に伝承され、村祭りの歌舞伎の前座に祝儀として舞ったほか、病気平癒、安産祈願などに願立てをして舞った。この種の芸能としては、県内唯一の保存伝承例であるとともに、歌舞伎芝居の地方への伝播過程を知る上で価値が高い。
文化財の種別 民俗文化財
区分 指定
指定種別 県指定無形民俗文化財
分類 県指定の民俗芸能
所在地 鳥取市用瀬町江波
指定年月日

平成6年4月19日

所有者等

江波三番叟保存会

参考文献

参考リンク 鳥取市の文化財紹介ページ
問合せ先

保本富明「江波の三番叟」(鳥取県教育委員会『鳥取県の民俗芸能 鳥取県民俗芸能緊急調査報告書』1993)
『鳥取県文化財調査報告書』第19集 「江波の三番叟」、2010

備考


アクセス方法

JR用瀬駅から日の丸バス江波赤波線で25分、終点下車、徒歩3分

周辺地図 とっとりWebマップ「江波の三番叟」の周辺地図 Google Mapで開く
公開状況

10月第3日曜の例祭で公開 【平成28年は10月23日(日)午後7時頃から】