[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 門脇家住宅主屋

門脇家住宅主屋


 ( かどわきけじゅうたく:kadowakike zyutaku )

門脇家住宅主屋 水車小屋 米蔵 新蔵の写真
門脇家住宅主屋 水車小屋 米蔵 新蔵の写真

門脇家は、江戸時代に大庄屋を勤めた旧家である。主屋は明和6年(1769)の建築で、桁行22.2m、
梁間16.5m。伯耆特有の寄棟造で、太い梁を縦横に高く組み上げた構えは、他に類をみない豪壮なものである。
客間近くの湯殿、雪隠と茶室は、庭園と調和して大庄屋の風格を偲ばせる。保存もよく、本県の大型民家を代表するものである。
また普請の記録は、建築史の考証上大変貴重なもの。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 重要文化財
分類 国指定の建造物
所在地 西伯郡大山町所子
指定年月日

昭和49年2月5日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

大山口駅からバス大山線で5分、所子入口下車、徒歩5分

周辺地図 とっとりWebマップ「門脇家住宅主屋」の周辺地図
公開状況

春・秋の定期に公開