[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 絹本著色猛虎図

絹本著色猛虎図


 ( けんぽんちゃくしょくもうこず:kenpontyakushokumoukozu )

絹本著色猛虎図の写真
絹本著色猛虎図の写真
絹本著色猛虎図の写真
絹本著色猛虎図の写真

片山楊谷(1760〜1801)筆。名は
貞雄、楊谷あるいは洞観、画禅窟などを号した。また、落款に「瓊浦」をよく用いた。長崎の医師洞雄敬の子に生まれ、長じて諸国を巡遊し、17歳の時に鳥取に来た。支封池田冠山に認められ、寛政4年(1792)
茶道片山宗把の養子となって、片山姓を称した。画風は新鮮、精緻巧麗で、花鳥人物を得意とし、長崎画派の流れを汲んでいる。一時京都に上り、皇兄妙法院真親王に召され、名声を大いに上げた。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の絵画
所在地 鳥取市東町(鳥取県立博物館)
指定年月日

昭和51年8月3日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

鳥取駅からバス市内回りで10分、西町下車、徒歩5分

周辺地図 とっとりWebマップ「絹本著色猛虎図」の周辺地図
公開状況

県立博物館で展示の場合あり。
月曜、祝日の翌日、年末年始は休館
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:大人180円、小中高生・70才以上の方・障害のある方・要介護者等及びその介護者は無料