[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 丸井家住宅主屋、離れ、土蔵、茶室、待合及び塀・袖垣、塀

丸井家住宅主屋、離れ、土蔵、茶室、待合及び塀・袖垣、塀


 ( まるいけじゅうたくしゅおく、はなれ、どぞう、ちゃしつ、まちあいおよびへい・そでがき、へい:marui-ke jyuutaku syuoku,hanare,dozou,tyasitu,matiaioyobihei/dodegaki,hei )

丸井家住宅主屋の写真
丸井家住宅茶室の写真
丸井家住宅主屋の写真

当家は倉吉の町並み保存地区の西方に位置する。丸井家は大正初期に現在の敷地に居を構え、料理屋などの組合の運営を行っていた。大正から昭和初期には本格的な茶会も開催され、倉吉の茶道の中心をなしていた家の一つ。
 南北に長い敷地に、道に面して主屋と塀を建て、玉川に面する敷地背面には離れと土蔵を並べる。 
 主屋は切妻造二階建、瓦葺きの建物。外観は棟の位置をずらして2棟のようにも見えるが、内部は倉吉の典型的な町家の間取りである一列三間取りに、座敷2部屋を加えた一体の間取りとして建てられている。赤く、菱形の窓を開けたつくりが特徴の塀とともに、正面の景観を形作る。
文化財の種別 有形文化財
区分 登録
指定種別 国登録有形文化財
分類 国登録の建造物
所在地 倉吉市倉吉市越中町
指定年月日

平成29年10月27日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図
公開状況

非公開