[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 摩尼寺本堂、鐘楼、山門

摩尼寺本堂、鐘楼、山門


 ( まにじほんどう、しょうろう、さんもん:manijihonndou,syourou,sannmon )

摩尼寺本堂 外観 (提供:鳥取市教育委員会)の写真
摩尼寺鐘楼 外観 (提供:鳥取市教育委員会)の写真
摩尼寺山門 (提供:鳥取市教育委員会)の写真
摩尼寺本堂 外観 (提供:鳥取市教育委員会)の写真

摩尼寺は喜見山(きけんざん)と号し、平安時代、慈覚大師圓仁(じかくだいしえんにん)の開基と伝わる天台宗の古刹である。
本堂は桁行(けたゆき)三間、梁間(はりま)四間で、入母屋造桟瓦葺で正面に千鳥破風(ちどりはふ)を飾り、軒唐破風(のきからはふ)付きの一間向拝を付ける。このたび棟札が発見され、万延元年の建築であることが明らかとなった。内部は正面一間を外陣(げじん)とし、堂内後ろ寄りに仏壇を据えて内陣(ないじん)を広くとる。向拝や内外陣境、仏壇廻りは龍や鳥獣、雲や波形の彫刻で高密度に飾り、時代的特徴を良く示す。
鐘楼は山門の東に建ち、方一間の吹き放ち形式とする。中央に梁を渡し、梵鐘を吊る。山門とともに、表構えを構成する。
山門は石段の上、本堂の正面に建つ一間一戸薬医門(やくいもん)形式の門。棟の両端には鯱(しゃち)を載せ、軒廻りに立体的な彫刻を施し、境内の表構えを飾る。

本堂:万延元年(1860)建築
鐘楼:明治25年建築
山門:明治中期建築
文化財の種別 有形文化財
区分 登録
指定種別 国登録有形文化財
分類 国登録の建造物
所在地 鳥取市覚寺624
指定年月日

平成26年12月19日

所有者等

宗教法人

参考文献

参考リンク
問合せ先

鳥取市教育委員会、摩尼寺

備考


アクセス方法

周辺地図
公開状況

外観自由、内部は一部拝観可能