[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 矢城家住宅主屋

矢城家住宅主屋


 ( やぎけじゅうたく しゅおく:yagi-ke jyuutaku syuoku )

矢城家外観の写真
矢城家内観の写真
矢城家外観の写真

矢城家は明治前期に集落の戸長を務めた。当家に残る棟札(むなふだ)から、主屋が大正2年に同集落の大工によって建てられた事がわかっている。
当家住宅主屋は、木造2階建、入母屋造(いりもやづくり)赤色桟瓦葺(せきしょくさんがわらぶき)で、小屋組は西洋の影響を受けて斜め方向に木材を用いるトラス構造を用いている。間取りは元は北側に土間を通した典型的な六間取であったが、現在は一部を改修している。主屋の中央には廻り階段が設けられ、東南の庭園に面した座敷の床の間まわりには栃材(とちざい)が多く用いられる。また、座敷まわりでは、縁側から離して軒支柱(のきしちゅう)を立て、座敷と庭を解放的に繋ぐ。
当家住宅主屋はトラス構造や銘木の多用など近代的特徴を多く取り入れた、質の高い住宅である。
文化財の種別 有形文化財
区分 登録
指定種別 国登録有形文化財
分類 国登録の建造物
所在地 倉吉市横田
指定年月日

平成27年11月17日

所有者等

個人

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図
公開状況

非公開