[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 山王日吉神社本殿

山王日吉神社本殿


 ( さんのうひえじんじゃほんでん:sannou hiejinjya honndenn )

山王日吉神社本殿東面の写真
山王日吉神社本殿南面の写真
山王日吉神社本殿東面の写真

山王日吉神社は16世紀前半に天神山城の鎮護神として、比叡山坂本の日吉大社から文霊を勧進したのが始まりとされる。天正8年(1580)に羽柴秀吉の鳥取城攻めの際には兵火にかかり建物が焼失した。亀井茲矩が神社建物を再建した後は、藩主池田家の祈祷所ともされ信仰を集めた。現在は「山王さん」として地元に親しまれている。
現在の本殿建物は、棟札から嘉永3年に棟梁木原傳兵衛によって建てられたことがわかる。屋根は元こけら葺きの一軒社流造で、昭和55年に銅板葺きに改められた。正面の扉や装飾部分に、池田家と同じ揚羽の家紋と、徳川家の三つ葉葵の家紋が施される。
文化財の種別 有形文化財
区分 登録
指定種別 国登録有形文化財
分類 国登録の建造物
所在地 鳥取市鳥取市布勢字村土居1
指定年月日

平成29年10月27日

所有者等

参考文献

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

周辺地図
公開状況