[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 秋葉大権現

秋葉大権現


 ( あきばだいごんげん:akibadaigongen )

秋葉大権現の写真
秋葉大権現の写真

木喰上人作。木喰上人は、江戸時代後期の遊行僧で、修行しながら全国を歩き、各地に堂や仏像を勧進した。
寛政10年(1798)の春から夏にかけて、因幡、伯耆を歩いており、8月初旬には八屋観音堂に5日間滞在している。
像は、ケヤキ材の一木彫りで像高約100cm。火の神である秋葉権現が、足元から燃え上がる猛火を背負い、巨岩に立つ姿を彫り出している。像の背面には上人による墨銘がある。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の彫刻
所在地 倉吉市八屋
指定年月日

昭和29年6月9日

所有者等

参考文献

参考リンク 倉吉市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

倉吉駅からバス市内線で5分、八屋下車、徒歩15分

周辺地図 とっとりWebマップ「秋葉大権現」の周辺地図
公開状況

公開。見学希望は公民館長に事前に申込み要