[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 不入岡の石仏

不入岡の石仏


 ( ふにおかのせきぶつ:funiokanosekibutu )

不入岡の石仏の写真
不入岡の石仏の写真

不入岡の集落の南、中世墓と推定される墳丘上に立っている。古代の大規模倉庫群跡などで知られる不入岡遺跡地内でもある。
安山岩の自然石をわずかに加工し、ごく浅い舟形光背内面に上下2体の仏像が半肉彫りされている。
上像は舟形光背をもつ阿弥陀如来座像で、下像は合掌した僧形の仏像である。像の両側に、「永和元乙卯年(1375)十一月□日」、「願主道意」の銘文が刻まれている。永和は北朝年号。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の彫刻
所在地 倉吉市不入岡
指定年月日

昭和31年5月30日

所有者等

参考文献

参考リンク 倉吉市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

倉吉駅からバス農高線で25分、国府下車、徒歩20分

周辺地図 とっとりWebマップ「不入岡の石仏」の周辺地図
公開状況

公開