[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 聖神社の神幸行列

聖神社の神幸行列


 ( ひじりじんじゃのみゆきぎょうれつ:hizirizinzya no miyuki-gyouretu )

聖神社の神幸行列の写真
聖神社の神幸行列の写真

鳥取市行徳にある聖神社は、市内の主な通りにある商店街の大半を氏子として、盛大な神幸行列を行う。この行列は江戸時代、安永6年(1777)から始められたと伝えられる。神幸行列は隔年で開催され、「榊」、「麒麟獅子」、「神輿」、「屋台」、「大太鼓」が並ぶ。
本祭り(5月第3土・日曜日)の行列は聖神社を発し、鳥取市内の氏子区域をくまなく巡り、午後には神社の北参道に戻る。聖神社の祭りの中心として行われる神幸行列は、屋台の賑やかさを氏子町民が支え、聖神社を総氏神とする町民の意気込みを今に伝える。
文化財の種別 民俗文化財
区分 指定
指定種別 県指定無形民俗文化財
分類 県指定の風俗慣習
所在地 鳥取市行徳
指定年月日

平成15年3月28日

所有者等

聖神社神幸行列保存会

参考文献

『鳥取県文化財調査報告書』第19集 「聖神社の神幸行列」、2010

参考リンク
問合せ先

備考


アクセス方法

聖神社:JR鳥取駅から徒歩約20分

周辺地図 とっとりWebマップ「聖神社の神幸行列」の周辺地図
公開状況

隔年の5月第3土・日曜の例祭で公開
【次回】平成28年5月21日(土)宵宮、22日(日)神幸祭