[ナビゲーションはここまで]

埴輪人物


 ( はにわじんぶつ:haniwazinbutu )

埴輪人物の写真
埴輪人物の写真

大正初年ごろ、倉吉市小鴨で用水溝掘削中に発見された2体の武人埴輪のうちの一つ。他の1体は行方不明。それぞれ土壙からの出土と伝えられる。胴部から下と左腕の半ばを失っており、現在高38cm。鉄鋲をつけた兜、みずら、首に玉飾り、胴部には鎧を表現しており、顔面と胴部には赤色と緑色の彩色が施されている。なお、失われた1体は頭部を欠き、腰に刀が表現されていた。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の考古資料
所在地 倉吉市仲ノ町(倉吉博物館)
指定年月日

昭和31年5月30日

所有者等

参考文献

参考リンク 倉吉市の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

倉吉駅からバス市役所線で15分、市役所・打吹公園入口下車、徒歩5分

周辺地図 とっとりWebマップ「埴輪人物」の周辺地図
公開状況

倉吉博物館にて公開。
月曜、祝日の翌日、年末年始は休館
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
入館料:一般210円、高校生・大学生100円、中学生以下・70才以上・障害のある方・要介護者等及びその介助者は無料