[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 諏訪神社の柱祭り

諏訪神社の柱祭り


 ( すわじんじゃのはしらまつり:suwa-zinzya no hasiramaturi )

諏訪神社の柱祭りの写真
諏訪神社の柱祭りの写真

智頭町に伝わる柱祭りは、深山から切り出した四本の杉の神木をムカデと呼ぶ台座に載せて、数百名の若者が担いで町中を練り歩き、神社本殿の敷地の四隅に建てるというものである。社伝によれば、天明二年(1782)にあった智頭町の大火の際、火伏せを願って、本社である信州(長野県)諏訪大社の御柱祭りに倣って始めたと伝えられている。現在の祭りは七年ごとの寅年、申年の四月の中の酉の日、一日だけとりおこなわれる。諏訪大社の信仰を伝え、地方における数少ない大規模で、勇壮な祭りである。
文化財の種別 民俗文化財
区分 指定
指定種別 県指定無形民俗文化財
分類 県指定の風俗慣習
所在地 八頭郡智頭町智頭
指定年月日

平成13年3月23日

所有者等

諏訪神社柱祭り保存会

参考文献

『鳥取県文化財調査報告書』第19集 「諏訪神社の柱祭り」、2010

参考リンク 智頭町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

JR・智頭急行智頭駅から徒歩10分

周辺地図 とっとりWebマップ「諏訪神社の柱祭り」の周辺地図
公開状況

寅年、申年の4月第3日曜日で公開
【直近の実施】平成28年4月17日(日)