[ナビゲーションはここまで]
現在の位置: 教育委員会文化財課 の とっとり文化財ナビ の 神崎神社の本殿 神崎神社の拝殿 一、向拝天井の竜 一、木端の獅子その他一切 一、扉

神崎神社の本殿 神崎神社の拝殿 一、向拝天井の竜 一、木端の獅子その他一切 一、扉


 ( かんざきじんじゃほんでん:kanzakizinzyahonden )

神崎神社の本殿 神崎神社の拝殿 一、向拝天井の竜 一、木端の獅子その他一切 一、扉の写真
神崎神社の本殿 神崎神社の拝殿 一、向拝天井の竜 一、木端の獅子その他一切 一、扉の写真

神崎神社本殿は、鳥取藩お抱えの宮大工小倉園三郎により嘉永6年(1853)に、拝殿は園三郎の孫平次郎により明治12年(1879)にそれぞれ造営された。
本殿には、向拝唐破風(菊、龍、葡萄とリス)、屋根下(鳳凰、龍、象、蝶など)、木鼻(楓、菊、大根と鼠など)といった個所に過多ともいえる彫刻が施されている。また、拝殿向拝には、天井に豪快な刀法で龍が彫られているほか、木鼻の獅子にも量感がある。
文化財の種別 有形文化財
区分 指定
指定種別 県指定保護文化財
分類 県指定の彫刻
所在地 東伯郡琴浦町赤碕
指定年月日

昭和27年9月15日

所有者等

参考文献

参考リンク 琴浦町の文化財紹介ページ
問合せ先

備考


アクセス方法

赤碕駅からバス赤碕線で10分、荒神町下車、徒歩5分

周辺地図 とっとりWebマップ「神崎神社の本殿 神崎神社の拝殿 一、向拝天井の竜 一、木端の獅子その他一切 一、扉」の周辺地図
公開状況

内部非公開